コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

110度CSデジタル放送 110どCSでじたるほうそう/ひゃくじゅうどしーえすでじたるほうそう

4件 の用語解説(110度CSデジタル放送の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

110度CSデジタル放送

CSデジタル放送」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひゃくじゅうど‐シーエスデジタルほうそう〔ヒヤクジフド‐ハウソウ〕【110度CSデジタル放送】

110 degrees east longitude CS digital broadcasting》通信衛星を用いるCS放送の一。デジタル衛星放送などの人工衛星とほぼ同じ軌道(東経110度)にあり、受信アンテナを共用できる。東経110度CSデジタル放送。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

110度CSデジタル放送

BSデジタル放送用の人工衛星「BSAT-2a」と同じ、東経110度の方角に静止する人工衛星「N-SAT-110」を利用した衛星放送。2002年3月にサービスが開始された。CSとは、Communication Satelliteの略のこと。チューナーとアンテナを、BS放送と共用できるといった特長がある。また、専用のハードディスクに放送を録画しておく、蓄積型データ放送「epサービス」が注目されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

110度CSデジタル放送
ひゃくじゅうどしーえすでじたるほうそう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

110度CSデジタル放送の関連キーワード通信衛星デジタル衛星放送実用衛星CS放送INMARSAT衛星波JCサットTACOMSATアナログ衛星放送BS/CS

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

110度CSデジタル放送の関連情報