緊急通報用電話番号(読み)きんきゅうつうほうようでんわばんごう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

緊急通報用電話番号
きんきゅうつうほうようでんわばんごう

火事や事故、事件、救急救助などについて通報するために割り当てられている3桁(けた)の電話番号。緊急番号ともよばれる。日本では110番(警察)、119番(消防・救急)、118番(海上事故)があり、国によって番号は異なる。なお、国際電気通信連合(ITU)に加盟している日本を含む193の国と地域は、2012年に世界標準の緊急通報用電話番号として、すでに割り当てられた番号がない場合、911番(アメリカの緊急番号)か112番(おもにヨーロッパの緊急番号)を割り当てることで合意している。
 日本で初めての緊急通報用電話番号は、火災報知用の112番で、1926年(昭和1)から運用が始まった。しかし、かけ間違いが多く発生したため、翌1927年から119番に変更になった。当時、消防業務は警察機関が担当していたが、1948年(昭和23)に組織が分離されて消防・救急の番号として119番、犯罪の通報などに110番の利用が開始された。戦前までの犯罪通報は、通報者が地域の駐在所に連絡すると、駐在所が中継して警察署に連絡することが多かった。110番制度は、1948年の旧警察法の施行を機に、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸の六大都市と、逓信局所在都市であった札幌と熊本で開始され、1960年までに全国で利用できるようになった。また、2000年(平成12)からは、海上での事件や事故の際に連絡する海上保安庁への緊急通信用番号として118番の運用が始められた。
 緊急通報用電話番号は、従来のアナログ電話やIP電話を利用した場合、通報者が発信している電話回線の電話番号と位置情報(回線契約者の登録住所)を緊急通報受理機関(警察、消防、海上保安庁)に送信する機能をもっている。また、アナログ電話においては、通報者側からは通話を終了できない回線保留の機能があり、回線保留中は受信側が通報者の電話を呼び出す逆信機能を備えている。一方、今日の緊急通報の多くは携帯電話やスマートフォンから発信されている。この場合、アナログ電話やIP電話を利用した場合と異なり、位置情報を送信することや回線保留を行うことは困難である。そこで、総務省は2007年より、携帯電話などのGPS(全地球測位システム)で測位された位置情報を、電話番号とともに送信することを義務化した。また、回線保留機能の代替として、折り返し電話をかけることのできる機能を新たに設けた。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

緊急通報用電話番号の関連情報