コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

12の椅子 じゅうにのいすDvenadtsat' stul'ev

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

12の椅子
じゅうにのいす
Dvenadtsat' stul'ev

ソ連の作家イリヤ・イリフ (1897~1937) とエブゲーニー・ペトロフ (03~42) の共著による風刺小説。 1927年雑誌に発表,翌 28年補足され単行本となった。ゴーゴリの社会風刺の伝統を受継いだユーモア文学の傑作として名高い。 20年代後半の過渡期のソ連を舞台に,次々と奸計や悪巧みを考え出し,お人よしどもを利用して結構な暮しをする大詐欺師オスタップ・ベンデルを通して,旧時代の亡霊たちや新時代の奇形児たちの滑稽な姿を描く。同じくベンデルを主人公にした続編に『黄金の子牛』がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

12の椅子の関連キーワードエヴゲニー ペトロフイリヤ イリフ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android