コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄金の子牛 おうごんのこうしZolotoi telënok

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄金の子牛
おうごんのこうし
Zolotoi telënok

ソ連の作家イリヤ・イリフ (1897~1937) とエブゲーニー・ペトロフ (03~42) の合作による長編小説。 1931年発表。時代はソ連社会がネップ (新経済政策) から社会主義建設に移っていく混乱期。当時の社会と官僚機構に風刺の矢を向け,ユーモアに満ちた苦い笑いを爆発させた。ソ連の代表的風刺文学。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

黄金の子牛の関連キーワードイリフ・ペトロフファン・レイデンイリフ=ペトロフイリフとペトロフ12の椅子ノルデ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android