コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄金の子牛 おうごんのこうしZolotoi telënok

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄金の子牛
おうごんのこうし
Zolotoi telënok

ソ連の作家イリヤ・イリフ (1897~1937) とエブゲーニー・ペトロフ (03~42) の合作による長編小説。 1931年発表。時代はソ連社会がネップ (新経済政策) から社会主義建設に移っていく混乱期。当時の社会と官僚機構に風刺の矢を向け,ユーモアに満ちた苦い笑いを爆発させた。ソ連の代表的風刺文学。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

黄金の子牛の関連キーワードイリフ・ペトロフファン・レイデンイリフ=ペトロフイリフとペトロフ12の椅子ノルデ

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android