コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

1812年序曲 せんはっぴゃくじゅうにねんじょきょく

百科事典マイペディアの解説

1812年序曲【せんはっぴゃくじゅうにねんじょきょく】

チャイコフスキーの管弦楽曲(祝典序曲)。モスクワでの博覧会開会式のために委嘱された作品で,1880年に作曲され1882年初演。1812年モスクワに侵攻したナポレオン軍とロシア軍の戦いを描いたもので,フランス国歌《ラ・マルセイエーズ》およびロシア民謡やロシア正教のコラールが効果的に用いられている。
→関連項目序曲

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

1812年序曲の関連キーワードナポレオン[1世]フィドラー