コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

2レベル分岐予測 にれべるぶんきよそく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

2レベル分岐予測

マイクロプロセッサーの分岐予測方法の1つ。従来の(単純な)分岐予測方法では、各分岐命令ごとに、過去に分岐が成立したか成立しなかったかの情報を記録しておき、これに基づいて次の分岐方向を予測していた。これに対して2レベル分岐予測方法では、過去の分岐の成立・不成立パターン(例:成立-成立-不成立-成立などというパターン)ごとに、それぞれが分岐したかしなかったかを記録し、それを使って予測を行なう。これにより予測精度がさらに向上する。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

2レベル分岐予測の関連キーワードGAs分岐予測アルゴリズムマイクロプロセッサーGas分岐予測

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android