パターン

精選版 日本国語大辞典「パターン」の解説

パターン

〘名〙 (pattern)⸨パタン
① きまった方式や形態。型。見本。また、類型。様式。〔国民経済講話‐乾(1917)〕
※新芸術の可能性と限界(1957)〈滝口修造〉「キュビスムは〈略〉一種の装飾的なパタンとなった」
② 洋裁などで用いる型紙。
③ 図案。図形。模様。
※カラー・テレビの旋風(1956)〈室谷邦夷〉カラー・テレビの旋風「コマーシャル・メッセージ、つづいてパターン、これがすむとメロディが沸きあがり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「パターン」の解説

パターン

ドットを使って描いた模様で、図形を塗りつぶすときに使う。模様を使って濃度を表現し、疑似的に階調を付けたものもある。グラフィックソフトでは、自分の好きな模様を登録する機能がある。カラー対応ソフトウェアでは、ドットに色を付けた色付きの模様も作れる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「パターン」の解説

パターン(pattern)

《「パタン」とも》
型。類型。「問題をいくつかのパターンに分けて検討する」
図案。模様。「テストパターン
洋裁などで用いる型紙。「パターンオーダー」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android