コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

35mmフィルム換算値 さんしゆうこみりふいるむかんさんち,さんじゅうごみりふぃるむかんさんち

カメラマン写真用語辞典の解説

35mmフィルム換算値

 多くのデジタルカメラでは、レンズを通った光を受け取る 撮像素子 の面積が35mmフィルムの実画面(36×24mm)より小さく、同じ 焦点距離 のレンズを使用しても 画角 が異なってくる。簡単に言うと、撮像素子のサイズが小さくなるほど、同じ焦点距離のレンズなら画角は狭く、望遠に近づいていく。  しかも撮像素子のサイズは種々あるので、レンズの焦点距離をそのままカタログに表記するだけでは混乱を招くばかりである。  そこで CIPA のガイドライン(DCG-001)として、レンズの焦点距離を、同一の画角を有する35mmフィルムカメラのレンズ焦点距離に換算した値をカタログに記載することにした。35mm換算、35mm判換算などと省略したり、35mmカメラ換算と表記する例もある。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android