コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

35mmフィルム換算値 さんしゆうこみりふいるむかんさんち,さんじゅうごみりふぃるむかんさんち

1件 の用語解説(35mmフィルム換算値の意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

35mmフィルム換算値

 多くのデジタルカメラでは、レンズを通った光を受け取る 撮像素子 の面積が35mmフィルムの実画面(36×24mm)より小さく、同じ 焦点距離 のレンズを使用しても 画角 が異なってくる。簡単に言うと、撮像素子のサイズ小さくなるほど、同じ焦点距離のレンズなら画角は狭く、望遠に近づいていく。  しかも撮像素子のサイズは種々あるので、レンズの焦点距離をそのままカタログに表記するだけでは混乱を招くばかりである。  そこで CIPAガイドライン(DCG-001)として、レンズの焦点距離を、同一の画角を有する35mmフィルムカメラのレンズ焦点距離に換算した値をカタログに記載することにした。35mm換算、35mm判換算などと省略したり、35mmカメラ換算と表記する例もある。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

35mmフィルム換算値の関連キーワードDVカメラデジカメデジタル家電ピクトブリッジコンパクトデジタルカメラデジタル一眼レフカメラデジタル写真DCレンズZUIKO DIGITAL レンズデジタル対応レンズ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone