コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

画角 がかく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

画角

レンズが写す画像のうち撮像素子に写る範囲を角度で表したもの。デジタルカメラの場合、35mmフィルム換算の焦点距離を基準にして比較されることが多い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

が‐かく〔グワ‐〕【画角】

angle of view》カメラで、フィルム面やイメージセンサーに撮影できる範囲を、角度で表したもの。写角。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

がかく【画角】

カメラ-レンズの光学的中心が画面の対角をなす二点と作る角度。レンズで明瞭に撮影できる範囲の角度。写角。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の画角の言及

【レンズ】より

… 有限の直径をもった単レンズには収差が必ず残存する。レンズの枚数を増してその形や間隔,光学材料などを適当に選ぶことにより,与えられた明るさと画角の中で収差を減らしたりバランスさせて,実用に支障のないレンズを作るのがレンズ設計である。そのために光線追跡を行う。…

※「画角」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

画角の関連情報