Aコープ(読み)エーコープ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

Aコープ
エーコープ

(1) 農業協同組合生活購買事業のトレードマーク。 agricultural cooperative (農協) からとられたもので,生活購買品につけられたり,農協生活購買店舗の名称に使われたりしている。そのねらいは農協組合員や一般消費者に農協生活購買を印象づけ,農協系統組織の力量を強調することにある。 (2) 全国農業協同組合連合会と都道府県経済農業協同組合連合会の共同出資による株式会社。連合会直営店舗ともいい,一般のスーパーマーケットに匹敵する。単位農協の生活購買店舗に範を垂れるのがねらいで,1970年から西日本を中心に全国各地に設立をみている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Aコープの関連情報