AIP

内科学 第10版の解説

AIP

acute interstitial pneumonia,急性間質性肺炎

出典 内科学 第10版内科学 第10版について 情報

世界大百科事典内のAIPの言及

【B級映画】より

…シリーズものが多く,ありきたりのスリラー映画,犯罪メロドラマ,西部劇,低俗喜劇,怪奇・SF映画の類が主で,〈クイッキーquickie(やっつけ)〉と呼ばれる速成の安物映画としてジャーナリズムや批評家からは無視されたが,バック・ジョーンズ,ジーン・オートリー,ロイ・ロジャーズといった少年たちのアイドルになる人気カウボーイスターがB級西部劇から生まれ,犯罪もののチェスター・モリス,ターザン映画のジャック・マホニー,それにイブリン・キース,ニナ・フォック,マリー・ウィンザーといった女優も輩出(B級西部劇からスターになったジョン・ウェインのような例もある),さらにエドガー・ウルマーEdgar G.Ulmer(《黒猫》1934,《地中海の虎》1949),ジャック・ターナーJacques Tourneur(《キャット・ピープル》1942,《信疑の果て》1948),アンドレ・ド・トスAndré De Toth(《復讐の二連銃》1947,《肉の蠟人形》1953),ルドルフ・マテRudolph Mate(《都会の牙》1949,《地球最後の日》1951)といったB級監督によって〈語られざる傑作〉がつくられた。 独占禁止法による製作部門と配給部門の分離,テレビジョンの興隆によって〈2本立て〉が終わりを告げるとともにB級映画も衰退して50年代半ばには姿を消したが(テレビのシリーズものに姿を変えたともみなされよう),モノグラムから派生したアライド・アーチスツやアメリカン・インターナショナル・ピクチャーズ(AIP)でさらに新しい〈低額予算映画〉が製作されつづけた。とくに,その後のAIPにおける製作者,監督としてのロジャー・コーマンRoger Corman(1926‐ )の活躍はめざましく,監督として《アッシャー家の惨劇》(1960),《忍者と悪女》(1963)など〈エドガー・アラン・ポーもの〉の連作をはじめ数々の怪奇映画やアクション映画をつくるとともに,プロデューサーとして〈低額予算映画〉を条件とすることにより,モンテ・ヘルマン,ダニエル・ホラー,フランシス・コッポラ,ピーター・ボグダノビッチ,デニス・ホッパー,マーティン・スコセッシなど新しい世代の〈映画作家〉を育てハリウッドに送った功績は大きい。…

【B級映画】より

…シリーズものが多く,ありきたりのスリラー映画,犯罪メロドラマ,西部劇,低俗喜劇,怪奇・SF映画の類が主で,〈クイッキーquickie(やっつけ)〉と呼ばれる速成の安物映画としてジャーナリズムや批評家からは無視されたが,バック・ジョーンズ,ジーン・オートリー,ロイ・ロジャーズといった少年たちのアイドルになる人気カウボーイスターがB級西部劇から生まれ,犯罪もののチェスター・モリス,ターザン映画のジャック・マホニー,それにイブリン・キース,ニナ・フォック,マリー・ウィンザーといった女優も輩出(B級西部劇からスターになったジョン・ウェインのような例もある),さらにエドガー・ウルマーEdgar G.Ulmer(《黒猫》1934,《地中海の虎》1949),ジャック・ターナーJacques Tourneur(《キャット・ピープル》1942,《信疑の果て》1948),アンドレ・ド・トスAndré De Toth(《復讐の二連銃》1947,《肉の蠟人形》1953),ルドルフ・マテRudolph Mate(《都会の牙》1949,《地球最後の日》1951)といったB級監督によって〈語られざる傑作〉がつくられた。 独占禁止法による製作部門と配給部門の分離,テレビジョンの興隆によって〈2本立て〉が終わりを告げるとともにB級映画も衰退して50年代半ばには姿を消したが(テレビのシリーズものに姿を変えたともみなされよう),モノグラムから派生したアライド・アーチスツやアメリカン・インターナショナル・ピクチャーズ(AIP)でさらに新しい〈低額予算映画〉が製作されつづけた。とくに,その後のAIPにおける製作者,監督としてのロジャー・コーマンRoger Corman(1926‐ )の活躍はめざましく,監督として《アッシャー家の惨劇》(1960),《忍者と悪女》(1963)など〈エドガー・アラン・ポーもの〉の連作をはじめ数々の怪奇映画やアクション映画をつくるとともに,プロデューサーとして〈低額予算映画〉を条件とすることにより,モンテ・ヘルマン,ダニエル・ホラー,フランシス・コッポラ,ピーター・ボグダノビッチ,デニス・ホッパー,マーティン・スコセッシなど新しい世代の〈映画作家〉を育てハリウッドに送った功績は大きい。…

※「AIP」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

AIPの関連情報