AVIファイル(読み)えーぶいあいふぁいる

ASCII.jpデジタル用語辞典「AVIファイル」の解説

AVIファイル

Microsoft Video for Windowsで用いられるマルチメディアファイルの1つ。オーデイオ/ビデオ(動画)/静止画像を含む。拡張子が .AVIであることからこう呼ばれる(AVIは、Audio、Video、 still Imagesの)。一般的にオーディオやビデオデータを含むAVIファイルは、データ量が多くなるため専用のプログラム(コーデック)によって圧縮されており、Windows 3.1/Windows 95上で表示/再生するためには専用の伸張コーデックが必要になる。現在、AVIファイルで用いられているコーデックとしては、Intel Indeo Video R2.x/R3.x(動画)、Microsoft ADPCM Codec(音声)、Microsoft RLE Compressor(動画)、Microsoft Video 1 Compressor(動画)、SuperMac Cinepak Codec(動画/音声)、TrueMotion(動画/音声)などが普及している。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android