コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Brandt,G. BrandtG

世界大百科事典内のBrandt,G.の言及

【コバルト】より

…この鉱物は冶金が困難なため,1500年ころドイツでは地の精Koboldが魔法をかけたためとされ,鉱物もコーボルトと呼ばれていた。1735年ころスウェーデンのブラントG.Brandt(1694‐1768)がこの鉱物から元素をとり出し,Koboldにちなんで命名した。コバルトはニッケルといっしょに産出することが多い。…

※「Brandt,G.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Brandt,G.の関連キーワードウィージー化学ルミネセンスコバルトシュミット(Helmut Schmidt)ベルリン国際映画祭ジェラール キャロンマーク デイトン

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android