めまい(英語表記)vertigo; dizziness

  • (耳の病気)
  • Dizziness, Vertigo
  • めまい(おもな神経症候)
  • めまい(めまい・耳鳴り)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

(げんうん) ともいう。病名ではなく,安定感覚失調の自覚症状をいう。普通真性のめまいと仮性のめまいに分け前者は自分の感じている空間と実際の空間が一致せず,たとえば,周囲が静止しているのにものが完全にを描いている感じで,メニエール症候群などに現れる。後者は「くらくらする」「たちくらみがする」といった,空間が上下左右に揺れる感じで,貧血,高血圧低血圧自律神経失調症,一時的な脳循環障害などで比較的よく現れる。めまいが持続する場合は,精密な耳科および一般内科検査を要する。なお,ストレスなど心理的な要因に起因する場合も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

静止している周囲の物体が動くように感じられたり,直立姿勢の保持が困難になったりする状態。ときに不快感や嘔吐(おうと)を伴う。半規管などの平衡器官およびそれに関する神経系の失調や障害によって起こる。生理的にも回転運動後の残感現象として,また乗物酔いの際に認められる。めまいを起こす疾患には,メニエール病内耳炎などの耳の障害,眼筋麻痺(まひ)などのの障害,脳腫瘍(しゅよう),脳溢血癲癇(てんかん),頭部外傷などの脳神経障害のほか,高血圧,貧血,各種の血液疾患,心臓病,薬物中毒などがある。
→関連項目平衡感覚

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

食の医学館の解説

《どんな病気か?》


 めまいはさまざまな原因で起こりますが、大きくわけて耳の病気によるものと、それ以外によるものがあります。
 ここでいう耳の病気とは、体の平衡感覚をつかさどる内耳(ないじ)などの器官の異常で、メニエール病が代表的なものです(「メニエール病」参照)。
 それ以外によるものは、脳への血液量が減ることによって起こるめまいもあり、その原因には低血圧(ていけつあつ)や貧血(ひんけつ)、更年期障害(こうねんきしょうがい)や自律神経失調症(じりつしんけいしっちょうしょう)などが多くみられます。

《関連する食品》


〈高たんぱく・高ビタミンの栄養価の高い食事を〉
○栄養成分としての働きから
 いずれの原因による場合も、自律神経の不安定や過労、ストレスなどが誘因となることが多いので、心身の疲労をためないことが、めまいの予防としてたいへん重要になります。栄養バランスのよい高ビタミンの食事が不可欠です。
 たんぱく質とビタミンを多く含む食品としては、肉類やキンメダイ、タイ、サケ、カレイ、ヒラメといった白身魚があります。
 朝食は抜かずにかならずとり、牛乳・乳製品やたまごなど栄養価の高いものを食べましょう。高たんぱくで消化がよく、血管を丈夫にして脳を活発に働かせるビタミンB群がたっぷりの納豆もおすすめです。
 めまいが起こってしまったら、鎮静作用のあるカモミールなどのハーブティーやサフランを試してもいいでしょう。サフランは、ブイヤベースやパエリアに香りと色をつけるために利用されています。

《どんな病気か?》


 人間には平衡感覚を保持する機能があり、その機能があるから直立でき、まっすぐ歩けるのです。ところが、その機能になんらかの支障が生じると、立ちくらみ、周囲がグルグル回ったり、揺れる、浮いた感じがする、貧血(ひんけつ)のように血の気がひいて目の前が真っ暗になるなど、めまいの症状が現れます。
 めまいには2つの原因が考えられます。
 1つはメニエール病や内耳炎(ないじえん)、脳血管障害など、耳(内耳)や脳に障害が起こっている場合。もう1つは高血圧や低血圧により、脳へ運ばれる血液量が不足している場合です。
 このほか、自律神経失調症(じりつしんけいしっちょうしょう)や更年期障害(こうねんきしょうがい)でも、めまいの症状がみられます。

《関連する食品》


〈ビタミンEが血液の循環をよくする〉
○栄養成分としての働きから
 めまいを起こしやすい人はミネラルやビタミンEの摂取を心がけましょう。
 ミネラルの一種であるカリウムは、血中のナトリウムを排出し、血圧を安定させます。カリウムはイモ類やくだもの、野菜に多く含まれています。
 ビタミンEが豊富な青背の魚やナッツ類は血液循環をよくし、血圧を安定させてくれるので有効です。また、ミネラルとビタミンが豊富なホウレンソウなどの青菜も多くとるようにしましょう。
○漢方的な働きから
 めまいが起こったときには、なるべくその場を動かずに、安静にすることもたいせつです。
 鎮静作用のあるサフランのお茶やナツメの煎(せん)じ汁などを飲むとリラックスできます。

出典 小学館食の医学館について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

1971年公開の日本映画。監督:斎藤耕一脚本石森史郎、撮影:竹村博。出演:辺見マリ、范文雀、小川ひろみ、萩原健一、森次浩司、ジァイアント吉田、有島一郎ほか。
1958年製作のアメリカ映画。原題《Vertigo》。アルフレッド・ヒッチコック監督によるミステリー・サスペンス。出演:ジェームズ・スチュワート、キム・ノバク、トム・ヘルモア、バーバラ・ベル・ゲデスほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

眩暈(げんうん)ともいう。〈実際は周囲の物が静止しているのに,いろいろな方向に動くようにみえたり,またまっすぐ立とうとしてもできない状態〉とか,〈周囲や患者自身は運動していないのに,動いているように感ずる異常感覚〉などと定義される。いずれにしろ,めまいは,身体の平衡に関係した部位の障害もしくは異常感覚により起こる自覚症状である。めまいの性質も,起こった病気あるいは感じ方によりさまざまで,自分や周囲のものがぐるぐる回る(回転性めまい),身体がふらふらする(動揺感),身体が浮くような感じ(浮動感),目の前が暗くなる(眼前暗黒感)などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

内科学 第10版の解説

概念
 人は視覚,前庭迷路,体性感覚などの複数の感覚受容器からの入力情報を中枢で統合し,眼,四肢・体幹の筋(効果器)に運動情報を送り,身体の平衡・姿勢の保持,円滑な運動を行っている.めまいはこれらの感覚受容器の障害により空間恒常性保持機構に異常が生じた場合に生ずるが,自身や周囲が回転する(ver­tigo),ふらつき(dizziness),身体バランスがくずれる(disequilibrium, ataxia),たちくらみ(lightheadedness),失神(syncope,faintness)などが含まれる.悪心・嘔吐,冷汗などが伴することが多く,逆にこれをめまいと感じる場合もある.
病態生理・鑑別診断
 めまいの病因・病態は,①器質的なものと②機能的なものに大別される.①の傷害部位は内耳,前庭神経脊髄脳幹小脳大脳で,血管障害,脱髄,変性,腫瘍,代謝異常,炎症,外傷などに起因する.②は過換気,起立性低血圧,不整脈などによる中枢における一過性の循環障害が主であるが,貧血,消化器系の機能的障害に伴う場合も多い.[山本纊子]
 T. Brandtは,めまいを「静的重力的方向付けの不快な歪みあるいは自己またはそれを取り巻く環境の動きの誤った認知」と定義している.静的重力的方向付けは,視覚系,位置・運動感覚系,平衡反射制御系,自律神経系が関与し(図15-3-7),これらの相互作用で自己の運動認知がなされている(図15-3-8).
 めまいの性状は,回転性(時計・反時計方向への回転,左右への流れ感),非回転性(浮動・浮遊感,動揺感,眼前暗黒感,気の遠くなる感じ,立ちくらみ,失神など)に大別され,一般に回転性めまい(vertigo)は,前庭系障害,非回転性めまい(dizziness)は,視覚,位置・運動感覚,平衡覚,自律神経などの障害による.急性期と慢性期のめまい性状の変化,同一患者による複数性状のめまいの訴えなども多く,めまいの病歴は,映画のシナリオのように場面,心理的背景も含め詳細に聴取する必要がある(図15-3-9).
 めまいを呈する疾患は多岐にわたるが(表15-3-5),ここでは頻度の高いものについて概説する.[山本纊子]
■文献
Brandt T: Vertigo―Its Multisensory Syndrome, Springer-Verlag, London, 1991.
Epley JM: The canalith repositioning procedure: Fortreatment of benign paroxysmal positional vertigo. Otplaryngol Head Neck Surg, 107: 399-404,1992.

出典 内科学 第10版内科学 第10版について 情報

六訂版 家庭医学大全科の解説

めまいが起こる仕組み

 私たちが空間のなかでうまくバランスをとって、運動をしたり姿勢を保ったりするためには、自分の体の動きや位置についての正確な感覚情報が必要です。

 この情報のうち、頭の傾きや回転などは耳の奥深くにある内耳の三半規管(さんはんきかん)耳石器(じせきき)という部分で感知されます。耳の病気でめまいが起こるのは、実際にはじっとしているのに、頭が動いたり回転したりしているという誤った信号が内耳から発せられるためです。

 目からの視覚情報も、バランスには大切です。遊園地にミステリーゾーンなどといってわざと傾けてつくった家があることがありますが、そのなかでは自分が一方向に引き倒されるような異常な感覚、めまい感を体験することができます。

 これは視覚で認識する見かけの垂直と、内耳が感じる重力の垂直とが食い違うことによって起こる現象です。同様に、首などの関節や筋肉からの情報も大切なはたらきをしています。

 健康な状態では、これらの感覚の間に矛盾はなく、自分の運動や外界の変化をそれなりに知覚することはあっても、これをめまいと感じることはありませんが、前にあげた例のように、内耳などバランスの感覚器の調子が悪くなると、現実の姿勢や動きとは異なる情報が発信されます。

 すると、その信号によって、実際には頭や体は傾いていないのに、それらが傾いた時と同じような筋肉の反射が起こり、また、この異常な信号は直接脳にも伝えられます。これらの誤った情報は、現実の運動で生じるものとは異なり、他の視覚や固有知覚とうまく一致しません。

いろいろな病気で起こる

 私たちは、このような複数の感覚情報の不一致を「めまい」と感じるようです。したがって、内耳の病気だけでなく、視覚、首や腰の異常もめまいの原因となります。また、それらの情報入力を統合する脳、とくに姿勢や運動を反射的に調節している脳幹や小脳の病気、たとえば脳梗塞(のうこうそく)脳出血脳腫瘍(のうしゅよう)でもめまいを感じます。

 めまいは、いろいろな全身の病気でも起こります。若い人、とくに若い女性に多いのが起立性低血圧症(きりつせいていけつあつしょう)によるめまいです。日ごろから血圧が低めで、さらに急に立ち上がったり、長い時間立ち仕事を続けたりすると脳に十分な血液が流れなくなって、ふらふらしたり、気が遠くなったりします。

 逆に、急激な高血圧でもふわふわした浮動感を感じます。そのほか、不整脈で一時的に脳への血流が低下した場合にもめまいを生じることがあります。

 また、不安や心配事などがめまいの原因となることがあり、さらに「まためまいが起こるのではないか」という不安がめまいを増悪させるという悪循環になることも多くみられます。

 このように、めまいには感覚器、運動器、脳、循環器などいろいろなシステムの異常が関係します。めまいで多くの種類の検査が行われるのは、広い範囲の異常をチェックする必要があるからです。

 医師が患者さんの話を聞く時にポイントになるのは、

①めまいの持続時間

②めまいが起こった時の姿勢、頭の位置などの状況

耳鳴り難聴、耳が詰まる感じ、手足のしびれ、頭痛など、めまいに伴う他の症状

④めまいが起こった時に意識を失ったかどうか

などです。

 めまいで医療機関を受診する時は、このような点を整理して行かれるとよいでしょう。ただし、めまいに伴って激しい頭痛や意識障害、半身のしびれや麻痺などがある場合は脳血管障害の可能性が高いので、できるだけ早く救急病院などを受診してください。

治療と生活上の注意

 めまいの治療は、その原因となった病気に応じて進められますが、一般にめまい発作、吐き気、嘔吐などを抑える急性期の治療と、めまいの原因を治す間欠期の治療に分かれます。具体的な治療方法については、本書の該当項目を参照してください。

 めまいの患者さんに共通してすすめられる日常生活上の注意点は、

①睡眠と休息を十分にとること

②ストレスを避ける工夫、適度の運動や趣味などによる気分転換

③禁煙

などです。

 とくに、メニエール病などの患者さんは几帳面、律儀で、仕事を完璧に仕上げたり、人々の賞賛を得たい気持ちが強い人が多くみられます。仕事を他の人にまかせたり、多少の不完全な点は容認するなど、少しスローなライフスタイルに転換することも、めまいを克服するうえで大切なポイントです。

内藤 泰

出典 法研「六訂版 家庭医学大全科」六訂版 家庭医学大全科について 情報

世界大百科事典内のめまいの言及

【三半規管】より

…したがって,頭を約30度前屈して,外側半規管をほぼ水平の状態として身体を回転させると,外側半規管の中の内リンパの流動が起こり,それが膨大部の感覚細胞に伝わり,さらに前庭神経をへて脳幹や小脳および外眼筋に伝えられる。この感覚は実際にはめまい感として感じられ,その客観的現象としては,眼に眼振としてあらわれてくる。この現象をとらえて半規管の機能を知る目的で発展したのが,平衡機能検査にも用いられる回転検査である。…

【平衡機能検査】より

めまいや身体のふらつき(平衡障害),あるいは歩行障害などを訴える患者に行われる検査。めまいや平衡障害を起こす場所としてよく知られているのは,耳,目および足の筋肉,腱などである。…

※「めまい」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

めまいの関連情報