コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CFM しーえふえむ

1件 の用語解説(CFMの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CFM

Code Fragment Managerの略。PowerPC登場以降Mac OSに取り入れられた新しいランタイム構造を実現するルーチン群。データフォークに格納されたプログラムの実行単位(フラグメント)をメモリー読み込み、実行にあたっての準備を行なう。内部的にはPowerPCコードと68Kコードのそれぞれに対するコンポーネントが用意されているが、同一のAPIで呼び出せるようになっている。68K MacintoshCFMを使用するには、CFM-68K Runtime Enablerという機能拡張が必要。CFM-68K Runtime Enablerの最初のバージョンには重大な不具合があり、共有ライブラリーを利用するプログラム(OpenDocなど)を68K Macintoshで使用することがしばらくの間できなかった。この不具合は1997年春に発表されたCFM-68Kバージョン4.0で解決した。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

CFMの関連キーワードECCANSCIIAC3LPCMCFRJANコードTVコードUSCジップ・コード

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

CFMの関連情報