コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CFM(読み)しーえふえむ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CFM

Code Fragment Managerの略。PowerPC登場以降Mac OSに取り入れられた新しいランタイム構造を実現するルーチン群。データフォークに格納されたプログラムの実行単位(フラグメント)をメモリーに読み込み、実行にあたっての準備を行なう。内部的にはPowerPCコードと68Kコードのそれぞれに対するコンポーネントが用意されているが、同一のAPIで呼び出せるようになっている。68K MacintoshでCFMを使用するには、CFM-68K Runtime Enablerという機能拡張が必要。CFM-68K Runtime Enablerの最初のバージョンには重大な不具合があり、共有ライブラリーを利用するプログラム(OpenDocなど)を68K Macintoshで使用することがしばらくの間できなかった。この不具合は1997年春に発表されたCFM-68Kバージョン4.0で解決した。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

CFMの関連情報