コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CFM しーえふえむ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CFM

Code Fragment Managerの略。PowerPC登場以降Mac OSに取り入れられた新しいランタイム構造を実現するルーチン群。データフォークに格納されたプログラムの実行単位(フラグメント)をメモリーに読み込み、実行にあたっての準備を行なう。内部的にはPowerPCコードと68Kコードのそれぞれに対するコンポーネントが用意されているが、同一のAPIで呼び出せるようになっている。68K MacintoshでCFMを使用するには、CFM-68K Runtime Enablerという機能拡張が必要。CFM-68K Runtime Enablerの最初のバージョンには重大な不具合があり、共有ライブラリーを利用するプログラム(OpenDocなど)を68K Macintoshで使用することがしばらくの間できなかった。この不具合は1997年春に発表されたCFM-68Kバージョン4.0で解決した。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

CFMの関連キーワード栗原市サンクチュアリセンター つきだて館西和賀町立川村美術館・デッサン館Mac OS 7.6.1西和賀町歴史民俗資料館石と賢治のミュージアム鳳来寺山自然科学博物館亘理町立郷土資料館釜石市立鉄の歴史館幸田町郷土資料館遠野城下町資料館遠野市立博物館南相馬市博物館しばたの郷土館あし東山記念館桑名市博物館国際大学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

CFMの関連情報