コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラグメント

3件 の用語解説(フラグメントの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

フラグメント

「fragment」は「断片」という意味。本来連続した情報(ファイルメモリー)が、小さな、不連続ブロックに分断された状態を指す。一般にファイルシステムは、一定のブロックを単位として管理されており、ファイルを書き込む際には、空きブロックの中から必要な数のブロックが割り当てられる。このとき使用されるブロックは、必ずしも物理的に連続している必要はない。このようにブロック単位にディスクを管理することで、ディスク容量を有効に利用できるようにするのが一般的である。しかしこうしたファイルシステムで、ファイルの書き込みや消去を繰り返すと、ディスクに記録されたファイル(または空きブロック)が細かく分断されてくる。このように、本来連続した情報であるはずのファイルが、ディスク内で細かく分断された状態をフラグメントという。たとえば、分断の状態が激しい場合には、「ディスクのフラグメントが大きい」などと言われる。あるブロックから離れたブロックにヘッドシークする作業には少なからぬ負荷がかかるので、フラグメントが大きくなってくると、ファイルアクセスの速度が低下する。このためディスクを効率よく使用するには、分断されたディスクの空きブロック、使用済みブロックを整理し、極力フラグメントを低減させる必要がある。この作業を行なうソフトウェアがディスクデフラグメンタ(disk defragmentor)である。このようなファイルシステムのフラグメントは、「ファイルフラグメント(file fragment)やディスクフラグメント(disk fragment)」と呼ばれることもある。ファイルフラグメントと同様に、複数のアプリケーションを同時実行できるようにしたマルチタスクOSでは、複数のアプリケーションからのメモリー要求、メモリーの破棄が繰り返されることで、物理メモリーが小さなブロックに分断されてくる。このような状態も同じくフラグメントと呼ばれ、特にメモリー内で起こったフラグメントはメモリーフラグメント(memory fragment)と呼ばれる。ただしメモリーのフラグメントを解消する作業はデフラグメントではなく、コンパクション(compaction)と呼ばれる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フラグメント(fragment)

破片。断片。断章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

フラグメント【fragment】

破片。断片。断簡。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フラグメントの関連キーワード日の下開山お辞儀~入ってるマイナーインジャリーオンザノーズApplication FormBoardingCo-edContractDay

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フラグメントの関連情報