CL(読み)しーえる

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CL

SDRAMの性能を見るための指標のひとつ。CASレイテンシーのメモリーの列部分の半導体記憶素子にアクセスする際に発せられる信号(CAS)が出てから、実際にデータが読み書きされるまでにかかるクロック数のこと。カタログでは「CL=2」などのように記載され、この値が小さいほどSDRAMの動作速度が速くなる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android