コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

COASTモジュール

1件 の用語解説(COASTモジュールの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

COASTモジュール

キャッシュメモリーを小さな基板に搭載したメモリーモジュールの一種。COAST自体は規格名で、モジュール自体やマザーボードとの接続コネクターの物理的・電気的仕様などを規定している。Intelが、Pentiumマザーボードで容易に2次キャッシュを増設したり交換できたりするように開発した。COASTにはいくつかバージョンがあり、マザーボードとキャッシュモジュールのバージョンが違うと、正常に動作しないこともあるので注意が必要だ。1996年前半までは、Pentiumマザーボードの2次キャッシュを実装するのにCOASTモジュールがよく採用されてきた。しかし、それ以降は、COASTモジュールを装着するCELPソケットの接触不良によるトラブルや、PB SRAMコスト低下による高速・大容量2次キャッシュの標準実装化で増設する必然性がなくなったため、COASTモジュールはあまり採用されなくなってきている。なおPentium Pro以降のマザーボードでは、2次キャッシュがCPUに内蔵されているため、COAST用コネクターは必要ない。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

COASTモジュールの関連キーワードキャッシュメモリーデータキャッシュ2次キャッシュメモリーモジュールUSBフラッシュメモリーNAND型フラッシュメモリーNOR型フラッシュメモリー主メモリーフラッシュメモリードライブ命令キャッシュ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone