キャッシュメモリー(読み)キャッシュ メモリー

  • cache memory

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CPUとメインメモリーのデータのやり取りを高速化するために、CPU内部に設置されたメモリー。通常は小容量のSRAMで構成されており、メインメモリーよりもデータを高速に処理できるので、データの一時保管場所として使われる。CPUの処理性能が高速化したことなどから、複数のキャッシュメモリーを搭載しているものもある。この場合、CPUに近いものからL1キャッシュ、L2キャッシュと呼ばれる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

コンピューターの記憶装置のひとつ。CPU内部、またはCPUとメインメモリーの間に配置されるメモリー。CPUに比べ動作が遅いメインメモリーにある使用頻度が高いデータを、あらかじめ動作が高速なキャッシュメモリーに保存することで、処理の高速化が図られる。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンピュータの処理速度をあげる目的で、CPU(中央処理装置)とメインメモリー(主記憶装置)の間に取り付けられる小型のメモリー(記憶装置)のこと。メインメモリーと比べて容量は小さいが、高速に作動する。一般にメインメモリーには、低速で安価なダイナミックRAM(ラム)が使われ、キャッシュメモリーには高速で高価なスタティックRAMが使われている。なお、英単語のキャッシュcacheとは「貯蔵庫」を意味している。

 メインメモリーの動作はCPUよりも遅いため、両者間でデータを転送するときに、CPU側でウエイトとよばれる待ち時間が生じる。これが、処理速度の低下につながる。それをできるだけ少なくするために、アクセス頻度の高いデータなどをキャッシュメモリーに保管しておいて、CPUがまずキャッシュメモリーにアクセスし、メインメモリーへのアクセスの回数を減らすことで処理速度をあげる。キャッシュメモリーはメインメモリーよりも高速に動作するとともに、CPUと近い位置で接続される(現在ではCPUチップに内蔵されることが多い)ためアクセス時間をより短縮することができる。

 多くのCPUには、CPUに近い順に一次、二次という二段階のキャッシュメモリーが搭載されており、それぞれL1、L2キャッシュメモリーと表記される。また、一部のCPUには三次キャッシュメモリーをもつものもある。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のキャッシュメモリーの言及

【記憶装置】より

…そこで,これらを仮想化することによって,ユーザーやプログラマーからはより単純に見えるようにしている。キャッシュメモリーはCPUによって仮想化され,主記憶として見える。また,外部記憶装置上のデータはオペレーティングシステムによって仮想化され,すべてファイルとして統一的に扱われる。…

【コンピューター】より

… 主記憶とレジスターでは速度差がありすぎて,データの転送に時間がかかる。そのギャップを埋めるものとして,主記憶とレジスターの仲介をとる高速のキャッシュメモリーが考案された。これは,よく使うものはCPUの間近のアクセスしやすいところにもってきておくというアイデアである。…

※「キャッシュメモリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android