基板(読み)キバン

  • substrate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トランジスタやダイオードなどの能動素子または抵抗コンデンサ導体などの受動素子を上または内部に構成する板状のもの。たとえば,半導体集積回路の場合のシリコン薄板やプリント配線のベークライト板など。また,その上に蒸着や気相成長,液相成長などで半導体絶縁体を成長させるための薄板をいい,ガラス,磁器板,半導体などが用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 電子部品が組み込まれた絶縁体の板。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の基板の言及

【薄膜】より

…しかし,技術的,経済的などの現実的条件から無制限に厚い膜をつくることは困難で,現在,薄膜としてつくられているものの厚さの上限は10μmの桁である(ただし,この上限はしだいに大きくなる傾向にある)。
[製法]
 薄膜の形成は,大部分は固体表面(これを一般に基板という)への気相の凝縮による。この気相は常温で気体のものを用いるときもあり,また固体,液体のものを気化してつくることもある。…

※「基板」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

基板の関連情報