コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DDR3 SDRAM ディーディーアールスリーエスディーラム

1件 の用語解説(DDR3 SDRAMの意味・用語解説を検索)

IT用語がわかる辞典の解説

ディーディーアールスリーエスディーラム【DDR3 SDRAM】

コンピューターのメインメモリーに用いられるRAMの一種。従来のDDR2 SDRAMを改良し、バスクロックを4倍に高めて動作するため、DDR2 SDRAMの約2倍、SDRAMの約8倍の高速化が図られている。2007年頃から普及し始めた。◇「double data rate 3 synchronous dynamic random access memory」の頭文字から。略して「DDR3」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

DDR3 SDRAMの関連キーワード拡張メモリー揮発性メモリーDIMMメインメモリーコンピューターアートバブルメモリーボードコンピューターメモリー空間メモリーソケットメモリーダンプ

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone