コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DSA でぃーえすえー

デジタル大辞泉の解説

ディー‐エス‐エー【DSA】[digital subtraction angiography]

digital subtraction angiography》デジタル差引血管造影法。造影剤を注入した血管のX線写真コンピューター処理して、造影剤の入った血管のみを造影する方法。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

DSA

〖digital subtraction angiography〗
血管造影法の一。コンピューター処理により、造影剤注入後の画像データから注入前の画像データを引いて、不要な陰影を消し、診断しやすくするもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のDSAの言及

【医用画像処理】より

…またさらに進歩し,この断層像を細かいスライス間隔で複数枚収集し,3次元のボクセルデータとし,3次元再構成像を得る3次元CTも開発されている。
[医用画像処理される医用画像の種類]
 医用画像処理されるデータは,CT装置による画像のほか,核磁気共鳴装置(MRI),超音波診断装置,核医学診断装置,ディジタルラジオグラフィー,ディジタルサブストラクションアンギオグラフィー(DSA),ディジタル内視鏡装置,顕微鏡による画像など数多くの種類が存在する。医用画像情報のほとんどのものは,ピクセルデータもしくはボクセルデータである。…

※「DSA」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

DSAの関連キーワード量子バスコーネルワイマン科学技術情報流通技術基準2010年問題AESNBS国立標準技術研究所AES256AES

DSAの関連情報