コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離散対数問題

2件 の用語解説(離散対数問題の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

離散対数問題

公開鍵暗号方式の原理となる数学的性質のひとつ。素数pと定数gが与えられたとき、y=g^x mod pをxから計算することは容易だが、yからxを求めることは困難であること。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りさんたいすう‐もんだい【離散対数問題】

素数pと定数aが与えられ、整数yを素数pでaxを除したときの剰余とするとき、yについて整数解xを求める問題。
[補説]xからyを計算することは容易だが、pが大きな数である場合、yからxを計算することは非常に困難であり、総当たりで計算しても膨大な時間がかかってしまう。解を得ることが困難な数学的性質から、エルガマル暗号楕円曲線暗号などの基本原理として、公開鍵暗号に安全性を保証している。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

離散対数問題の関連キーワード慣用暗号方式公開鍵DSA秘密鍵暗号方式公開鍵暗号システムエルガマル暗号共有鍵暗号方式公開鍵暗号公開鍵暗号化方式私有鍵暗号方式

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone