コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Dabīr,M. DabirM

世界大百科事典内のDabīr,M.の言及

【アニース】より

…インドのアウド王国治下に活躍した詩人で,同時代のダビールMirzā Dabīrと共に殉教史詩マルシアMarsiaの最高峰に位置づけられている。ファイザーバードで生まれたアニースの家系は,曾祖父のザーヒク,祖父のミール・ハサン,父のハリークと代々著名な詩人であり,彼もまた父親に詩作を学んだ。…

※「Dabīr,M.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Dabīr,M.の関連キーワード電気陰性度熟成肉少数民族問題(ミャンマーの)ポーリングの電気陰性度アニースカレン民族同盟発癌物質ラジオ民族民主戦線ビルマ民主同盟

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android