コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少数民族問題(ミャンマーの) みゃんまーのしょうすうみんぞくもんだい/しょうすうみんぞくもんだい

1件 の用語解説(少数民族問題(ミャンマーの)の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

少数民族問題(ミャンマーの)

独立直後から近年に至るまで、少数民族による長い反乱の歴史を持つ。英国の分割統治ビルマ族を抑圧して少数民族を優遇したことによるが、国土の大半が山間部で政府軍が容易に浸透できないのも一因。主なものだけでも、カレン、カチン、シャンなどの少数民族が分離独立を求めている。カレン族は1947年に分離独立を掲げてカレン民族同盟(KNU:Karen National Union)を結成、タイ国境に近いカレン州(マナプロー)を拠点に武装闘争を繰り広げてきた。民族民主戦線(NDF)は、カレン民族同盟が中心となり13の少数民族組織が75年に結成した。NDFは88年9月のクーデター後、多数の学生がこれらの少数民族支配地域に逃げ込み、学生たちと共にビルマ民主同盟(DAB)を設立。90年にはマナプローで、ビルマ連邦国民暫定政府(首相はセインウィン博士)が結成された。政府軍の総攻撃で95年にマナプローが陥落、大量のカレン族難民が発生した。KNUは弱体化したが、過激な武力闘争を主張する分派「神の軍隊」が2000年1月、タイのラチャブリ県で病院占拠事件を起こした。

(片山裕 神戸大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

少数民族問題(ミャンマーの)の関連キーワード民族解放運動少数民族気道古今椎髻民族的由緒骨品制タイの山岳民族ミャンマーの少数民族と武装勢力

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone