コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アニース Mīr Babar Alī Anīs

世界大百科事典 第2版の解説

アニース【Mīr Babar Alī Anīs】

1802‐74
インドのアウド王国治下に活躍した詩人で,同時代のダビールMirzā Dabīrと共に殉教史詩マルシアMarsiaの最高峰に位置づけられている。ファイザーバードで生まれたアニースの家系は,曾祖父のザーヒク,祖父のミール・ハサン,父のハリークと代々著名な詩人であり,彼もまた父親に詩作を学んだ。シーア派第3代イマーム,フサインの殉教を主題にしたマルシアは,1830年代になって形式と朗唱法が改良されたが,これを技法的に完成させたのがアニースとダビール両詩人である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

アニースの関連キーワードグエン(阮)朝ドニエプロペトロフスク尚温王十返舎一九グエン朝常磐津兼太夫ドニエプロペトロフスクレ・バン・ズエト青木夙夜カノーバ

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android