コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポーリングの電気陰性度 Pauling's electronegativity

法則の辞典の解説

ポーリングの電気陰性度【Pauling's electronegativity】

電気陰性度とは,分子中における各原子の電子を引きつける力の尺度を示すものである.2種の原子A,Bの場合にはA-Bの結合が完全な共有結合であったとすると,その結合エネルギーDAB)はA2 とB2 の結合エネルギーの平均値に等しくなるはずである.しかし,もしここで生成する結合に電子の偏りがあったとすると,その分極による効果があるために

だけの差が生じる.ポーリングはこの差が電気陰性度の二乗に比例するものとした.ところがこの式だけでは,電気陰性度の相対値しか求められないので,ポーリングはフッ素の電気陰性度を4.0,炭素の電気陰性度を2.5としてそれぞれの元素の電気陰性度を求めたのである.

このほかに,「オールレッド‐ロコウの電気陰性度」,マリケンの電気陰性度*,「サンダーソンの電気陰性度」などがあり,それぞれに有効な分野がある.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

ポーリングの電気陰性度の関連キーワードマリケンの電気陰性度マリケン

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android