コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

EC税制改正問題 イーシーぜいせいかいせいもんだいrevision of tax system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

EC税制改正問題
イーシーぜいせいかいせいもんだい
revision of tax system

EC各国では,利子源泉課税の税率が居住者で0~35%,非居住者で0~51% (1989年現在) と大きく異なっているため,資本移動の自由化が実現すると,税率の低い国へ大きく資金が移動することになる。そのため EC委員会は最低 15%の一律税率案を立案し,これを受けてドイツは 1989年1月に 10%の利子源泉課税を導入した。しかし 88年の長期資本収支が 849億マルクと過去最大の赤字となったことから,同年7月には廃止した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報