Ethernet(読み)イーサネット

ASCII.jpデジタル用語辞典「Ethernet」の解説

Ethernet

ネットワークを構成する規格のひとつ。LANで標準的に使用される。規格では、コンピューター同士の通信に必要な装置ケーブルの種類、その上で通信のやり取りする方法を決めている。1983年にIEEE米国電気電子学会)で標準化されたときの通信速度は10Mbpsで、本来この規格をEthernetと呼ぶ。通信速度100Mbpsの100Base-TXという規格のほか、現在はさらに高速な通信速度1000Mbpsの規格、1000Base-T主流となっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android