コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標準規格 ヒョウジュンキカク

大辞林 第三版の解説

ひょうじゅんきかく【標準規格】

ものの形状・寸法・性能・品質・試験法などを統一して、生産・使用の便を図るために公的に定められる規格。日本工業規格( JIS )・日本農林規格( JAS )など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

図書館情報学用語辞典の解説

標準規格

品質の向上,製造の効率化,使用の便宜などのために,個々の製品の形状や品質の仕様に関して標準化機関が一定の手続と形式で作成した文書.標準,規格ともいう.標準化機関には,国際規格を作成する国際標準化機構(ISO: International Organization for Standardization)のような国際組織,国内規格を作る各国の規格制定機関,団体規格を作る団体の標準化委員会や規格委員会などがある.標準規格は,製造者や利用者などの関係者の合意のもとに作成され,規格番号,規格名,本体,付属書などから構成される.国際規格や国内規格の探索や入手手段は整備されているが,審議中の規格案の入手は困難である.最近は,インターネット上で公開されるものも増えている.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について | 情報

標準規格の関連キーワードAction Script倍速CDIEEE802.11bグローバルスタンダードIEEE802.11aIEEE802.11IインターフェイスDINコネクターIEEEフールスキャップIシリーズ勧告トリプルDESV.22bis電子書籍の規格AuthXML協会船級約款ホームPNA日本農林規格ミラキャストS/MIME

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

標準規格の関連情報