コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

FAT ファット

4件 の用語解説(FATの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

FAT

WindowsやMS-DOSなどで利用されるファイルシステムである「FATファイルシステム」の通称。本来は、ハードディスクのどのクラスターにどのファイルが格納されているかといった情報を保存する領域のことを指す。FATは本でいう索引のようなもので、ファイルへのアクセス要求があった場合、FATを参照してファイルの格納場所を調べてから、実際のファイルにアクセスする。MS-DOSWindows 3.1で使用されていたものがFAT16で、ファイルを16ビットで管理する。Windows 95 OSR2以降 、同98、同Meで使用されていたものがFAT32で、ファイル管理は32ビットに拡張され、ディスクの利用効率が高くなっている。また、マイクロソフト社が主にフラッシュドライブやリムーバブルメディア向けに開発したファイルシステムに「exFAT」 (Extended FAT) がある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

FAT

ウィンドウズパソコンで、ハードディスクやUSBメモリーデータを記録する方式(フォーマット形式)の名称です。ディスクのどこに何のファイルがあるかを示すデータ「ファイル・アロケーション・テーブル」を使ってファイルを読み書きすることから付いた名称です。古いパソコンでは全般にFAT16という方式が使われていましたが、現在はUSBメモリーや外付けハードディスクでFAT32とexFATの2方式が利用されます。内蔵ハードディスクではNTFSが主流で、外付けハードディスクでも利用されることがあります。CD、DVDなどでは別の記録方式が利用されます。
⇨NTFS、UDF、フォーマット

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ファット【FAT】[file allocation table]

file allocation table》米国マイクロソフト社のオペレーティングシステムで採用しているファイル管理システム

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

ファット【FAT】

マイクロソフトのオペレーティングシステム「Windows」が採用するファイルシステムの総称。単に「FAT」という場合にはFAT16を指すことが多い。ハードディスクの大容量化に伴い、高性能化したFAT32や多機能化したNTFSも開発された。◇「file allocation table」の頭文字から。「FATファイルシステム」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

FATの関連キーワードWindows 3.1MS-DOSコマンドプロンプトDOSドライブ名プロンプトIPIコマンドラインドス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

FATの関連情報