コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Goldschmidt,R. GoldschmidtR

世界大百科事典内のGoldschmidt,R.の言及

【大進化】より

…また,この概念を現象記載的なものとみるか,過程説明的なものとみるかも意見が一致しているわけではない。 このことばを初めて提起したのはゴールドシュミットR.Goldschmidtであった(1940)。彼は,実験遺伝学と集団遺伝学に基づく当時の進化要因論が,種内の遺伝子組成の変化しか扱うことができず,現実に存在する種間の不連続性の誕生(新種の形成)をそれによって説明することはできないと考えた。…

※「Goldschmidt,R.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Goldschmidt,R.の関連キーワード鉱物学的相律スカルン大進化元素の分配則ゴールトシュミットの規則親気元素親生元素親石元素親鉄元素親銅元素

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android