コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親生元素 しんせいげんそbiophile element

5件 の用語解説(親生元素の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

親生元素
しんせいげんそ
biophile element

地球の生物圏に多く見出される元素。 V.ゴルトシュミットによる元素の性質に関する地球化学的分類 (1922) の一つ。炭素,水素,酸素,窒素,リン,硫黄,塩素,ヨウ素を主とし,ホウ素カルシウムマグネシウムカリウムナトリウムバナジウムマンガン,銅などもこれに含まれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

親生元素【しんせいげんそ】

V.M.ゴルトシュミットによる元素の地球化学的分類において,生物圏に濃集しやすいとされる元素。C,H,O,N,S,P,Ca,Kなどのように生物体内に比較的多量に存在する元素のほか,Mg,B,Na,Mn,Zn,Feなどのように微量ではあっても生物体に必須(ひっす)の元素をも含める。
→関連項目親鉄元素親銅元素

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

岩石学辞典の解説

親生元素

植物や動物に濃集する元素で,C, H, O, P, S, Cl, I, N, Ca, Mg, K, Na, V, Mn, Fe, Cuなどをいう[Goldschmidt : 1929, 1954].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しんせいげんそ【親生元素】

元素の地球化学的な分類の一。生物体を構成し、生命現象に重要な役割を果たす元素の一群。炭素・水素・酸素・窒素などのほか、リン・マグネシウム・鉄などもこれに属す。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

親生元素
しんせいげんそ
biophile element

地球表面で生物圏に集まったと考えられる元素(生物元素ということもある)。このうち炭素、水素、酸素、窒素、硫黄(いおう)、リン、塩素などのように比較的多量に存在するものと、ホウ素、カルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、バナジウム、マンガン、鉄、銅、ヨウ素など少量あるいは微量でも生物の生活に重要な機能を果たすものとがある。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の親生元素の言及

【元素】より

…この化学平衡関係による地球化学的配分によって,元素は親鉄元素,親銅元素,親石元素,親気元素に分類される(表5参照)。以上のほかに,生物圏に集まる親生元素がある。これには,C,H,O,N,S,Pのように量的に生物質の主体を占めるものと,微量ではあるが機能的に重要な生物活性に関与するものとがある。…

※「親生元素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone