コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親気元素 しんきげんそatmophile element

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

親気元素
しんきげんそ
atmophile element

地球化学的な元素の分類において,大気中に集りやすい傾向をもつ元素。 V.ゴルトシュミットによる元素の性質に関する地球化学的分類 (1922) の一つ。窒素,酸素,水素希ガス,塩素,シュウ素,ヨウ素,炭素などがこれに含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

親気元素【しんきげんそ】

元素の地球化学的分配を考える際にV.M.ゴルトシュミットによって提唱された地球化学的分類法による元素の一族の名称。地球の進化の過程で,気圏に濃縮するもの,すなわちHe,Ne,Ar,Kr,Xe,N,O,Hなどである。
→関連項目親鉄元素親銅元素

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

岩石学辞典の解説

親気元素

酸素や窒素のように化合物を作らずに産出するか,または気体の化合物で大気(atmosphere)に濃集しているH, N, O, He, Ne, Ar, Kr, Xeなどの元素[Goldschmidt : 1954].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

しんきげんそ【親気元素】

元素の地球化学的分類の一。地球の大気を構成する元素の一群。窒素・酸素・水素・炭素・希ガスなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

親気元素
しんきげんそ
atmophile element

元素分配の第一段階で、大気生成の初期に集まったと考えられる元素。気体になりやすく化学的に不活性か、または気体となりやすい化合物をつくる性質をもつ元素が多い。たとえば、水素、窒素、炭素、酸素、塩素、臭素、ヨウ素、希ガスなどが親気元素である。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の親気元素の言及

【元素】より

…残りの陽性元素(M)は,自由エネルギーの大小に応じてM+ケイ酸鉄⇄ケイ酸M+Fe,M+硫化鉄⇄硫化M+Feの反応を起こし,Feより弱い陽性元素はFeによって遊離されて金属鉄相に追い込まれ,硫化物相にはSや非金属元素と同極化合物をつくる元素,および非金属イオン濃度の高いイオン性環境に存在しにくい元素が配分された。この化学平衡関係による地球化学的配分によって,元素は親鉄元素,親銅元素,親石元素,親気元素に分類される(表5参照)。以上のほかに,生物圏に集まる親生元素がある。…

※「親気元素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

親気元素の関連キーワードゴールトシュミットの元素分類元素の分配則一群

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android