コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親気元素 しんきげんそ atmophile element

5件 の用語解説(親気元素の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

親気元素
しんきげんそ
atmophile element

地球化学的な元素の分類において,大気中に集りやすい傾向をもつ元素。 V.ゴルトシュミットによる元素の性質に関する地球化学的分類 (1922) の一つ。窒素,酸素,水素,希ガス,塩素,シュウ素,ヨウ素,炭素などがこれに含まれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

親気元素【しんきげんそ】

元素の地球化学的分配を考える際にV.M.ゴルトシュミットによって提唱された地球化学的分類法による元素の一族の名称。地球の進化の過程で,気圏に濃縮するもの,すなわちHe,Ne,Ar,Kr,Xe,N,O,Hなどである。
→関連項目親鉄元素親銅元素

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

岩石学辞典の解説

親気元素

酸素や窒素のように化合物を作らずに産出するか,または気体の化合物で大気(atmosphere)に濃集しているH, N, O, He, Ne, Ar, Kr, Xeなどの元素[Goldschmidt : 1954].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しんきげんそ【親気元素】

元素の地球化学的分類の一。地球の大気を構成する元素の一群。窒素・酸素・水素・炭素・希ガスなど。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

親気元素
しんきげんそ
atmophile element

元素分配の第一段階で、大気生成の初期に集まったと考えられる元素。気体になりやすく化学的に不活性か、または気体となりやすい化合物をつくる性質をもつ元素が多い。たとえば、水素、窒素、炭素、酸素、塩素、臭素、ヨウ素、希ガスなどが親気元素である。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の親気元素の言及

【元素】より

…残りの陽性元素(M)は,自由エネルギーの大小に応じてM+ケイ酸鉄⇄ケイ酸M+Fe,M+硫化鉄⇄硫化M+Feの反応を起こし,Feより弱い陽性元素はFeによって遊離されて金属鉄相に追い込まれ,硫化物相にはSや非金属元素と同極化合物をつくる元素,および非金属イオン濃度の高いイオン性環境に存在しにくい元素が配分された。この化学平衡関係による地球化学的配分によって,元素は親鉄元素,親銅元素,親石元素,親気元素に分類される(表5参照)。以上のほかに,生物圏に集まる親生元素がある。…

※「親気元素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

親気元素の関連キーワード親生元素親鉄元素地球化学三宅泰雄デプリート地球化学的低下地球化学的濃集ゴールトシュミットの元素分類ドール効果生物地球化学的循環

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone