IOPS(読み)アイオーピーエス(英語表記)Input Output Per Second

Wisdomビジネス用語辞典の解説

IOPS

Input Output Per Secondの略で、1秒間に可能なI/O(リード/ライトの処理)の回数をあらわすもの。数値が高いほど処理能力が高いということになる。ハードディスクストレージ等の性能を示すために使われる単位。データを迅速に取り扱うためにIOPSの向上が注目されている。同じようにハードディスクやストレージの性能を表すものとしては、1秒間にどれだけのデータ容量を受け入れることができるのかを示した「スループット」がある。

出典 「ビジネス用語辞典」byWisdom(NEC)Wisdomビジネス用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アイ‐オー‐ピー‐エス【IOPS】[input/output per second]

input/output per secondハードディスクなどの記憶装置における処理能力を表す単位の一。1秒間当たりの読み込み・書き込みの回数で表される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android