コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IPマスカレード アイ ピー マスカレード

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

IPマスカレード

インターネットを利用する際に、ひとつのグローバルアドレスをLAN内の複数の機器で共有するアドレス変換NAT)の一種。NATはグローバルアドレスとLAN内のプライベートアドレスを1対1で変換するのに対し、IPマスカレードでは、IPアドレスに加えてポート番号も変換することで、ひとつのグローバルアドレスを複数の機器で共有できるようにしている。利用できるグローバルアドレスの数以上の機器から、インターネットにアクセスできるという利点がある一方、IPマスカレードでは、インターネット側からLAN内の機器にアクセスできないという欠点がある。そのためIPマスカレードを処理するルーターには、特定のポート番号による通信をLAN内の特定の機器に結びつけて、外部からのアクセスを可能にする機能が搭載されていることが多い(ポートフォワード、仮想サーバーなどと呼ばれる機能)。なお、「IPマスカレード」は、Linuxに搭載された機能の名称で、正式には「NAPT(Network Address Port Translation)」という。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

アイピーマスカレード【IPマスカレード】

Linuxに搭載された機能の名称で、正式な技術名は「NAPT(ナプト)」。⇒NAPT

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

IPマスカレードの関連キーワード静的IPマスカレードNAT(通信)GRE

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android