IPマスカレード(読み)アイ ピー マスカレード

ASCII.jpデジタル用語辞典 「IPマスカレード」の解説

IPマスカレード

インターネットを利用する際に、ひとつのグローバルアドレスをLAN内の複数の機器で共有するアドレス変換(NAT)の一種。NATはグローバルアドレスとLAN内のプライベートアドレスを1対1で変換するのに対し、IPマスカレードでは、IPアドレスに加えてポート番号も変換することで、ひとつのグローバルアドレスを複数の機器で共有できるようにしている。利用できるグローバルアドレスの数以上の機器から、インターネットにアクセスできるという利点がある一方、IPマスカレードでは、インターネット側からLAN内の機器にアクセスできないという欠点がある。そのためIPマスカレードを処理するルーターには、特定のポート番号による通信をLAN内の特定の機器に結びつけて、外部からのアクセスを可能にする機能が搭載されていることが多い(ポートフォワード仮想サーバーなどと呼ばれる機能)。なお、「IPマスカレード」は、Linuxに搭載された機能の名称で、正式には「NAPT(Network Address Port Translation)」という。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典 「IPマスカレード」の解説

アイピーマスカレード【IPマスカレード】

Linuxに搭載された機能の名称で、正式な技術名は「NAPT(ナプト)」。⇒NAPT

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android