コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IPsec あいぴーせっく

3件 の用語解説(IPsecの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

IPsec

IP securityの略。IPパケットの暗号化や認証を行なう、TCP/IP環境で汎用的に用いられるセキュリティ技術。IETFInternet Engineering Task Force)のRFC2401「Security Architecture for the Internet Protocol(インターネットプロトコルのためのセキュリティアーキテクチャ)」を中心に、複数の技術が30近くにおよぶRFCで標準化されている。もともとIPsecは、IPv6用に開発されたセキュリティ機能である。ただし、現在ではIPv4VPN用途でも使われている。IPsecには、トンネリング、暗号化、認証という3つの機能がある。トンネリングは、IPパケットを別のパケットで包み込み、本来は直接やり取りできないLANホスト同士を通信可能にする機能。VPNにおいてインターネット経由でプライベートアドレスのLAN同士をつなぐのに使われる。IPsecのセキュリティ機能の中心となるのが、パケット内のデータ改ざんを防止するためのパケット認証を行なうAH(Authentication Header)と、認証と暗号化まで行なうESP(Encapsulating Security Payload)という2つの伝送プロトコルだ。さらにIPパケット全体を暗号化する「トンネルモード」と、ユーザーのデータ部分だけを暗号化する「トランスポートモード」の2つの伝送モードから選択できる。このように、暗号化や認証方法が複数用意されているということから、通信の用途や必要なセキュリティポリシーによって、自分の環境にあわせた設定ができる。また、IPsecでのパケットの暗号化には共通鍵を使う。共通鍵方式の場合、鍵をどうやって安全に交換するかが重要になるが、IPsecではIKEという自動鍵交換プロトコルを用い、鍵自体を直接ネットワークに流さないようにしつつ、通信中も定期的に鍵を更新できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

情報セキュリティ用語辞典の解説

IPSec

認証と暗号を提供するIPレイヤのプロトコル。

出典|教育ネットワーク情報セキュリティ推進委員会(ISEN)
Copyright (c) ISEN. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

アイピーセック【IPsec】

インターネットをはじめとするTCP/IP通信で広く使われるセキュリティー技術。IPパケット暗号化と認証を行う。◇「security architecture for internet protocol」から。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IPsecの関連キーワードIPスプーフィングIP接続パケット交換パケットフィルタリングVoIPパケット交換網アイピーセックIPカルチャーパケットスイッチング光IP電話

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

IPsecの関連情報