コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Ig

栄養・生化学辞典の解説

Ig

 免疫グロブリンイムノグロブリンをいう.抗体および抗体と構造的,機能的に関連するタンパク質の総称.IgA, IgD, IgE, IgG, IgMの五つのクラスに分類される.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

Ig
あいじー

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のIgの言及

【イーゲー・ファルベン[会社]】より

…ドイツの化学工業を支配していたこの六大会社は,利益共同体契約を結んで,1916年以降共同で各種製品を製造していた。IGは,カール・ボッシュの指導下に世界市場に発展を図り,第1次大戦によって失った市場をしだいに回復していった。薬品,染料,窒素肥料の分野で世界的に有名だったが,その後スタンダード・オイル社と提携し,水素添加法による人造石油のほか,チタン,合成ゴムなどの新製品を開発し,ヒトラーのナチ政府の自給政策を可能にする基盤を与えた。…

※「Ig」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Igの関連キーワードエーデルマン(Gerald Maurice Edelman)マルク(Herman Francis Mark)フレドリッヒ・C. デュースベルクボッシュ(Carl Bosch)アイジーコンサルティングワイヤレスギガビットマーチャンダイジングエレクトロン(合金)ライトミニマム級免疫グロブリンDカルル ボッシュ慣性モーメントイグノーベル賞マッグガーデンカルムイク語平行軸の定理鼻アレルギーリウマチ因子抗原抗体反応プロントジル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Igの関連情報