Jibāl Lubnān al-Sharqīya(英語表記)JibalLubnanalSharqiya

世界大百科事典内のJibāl Lubnān al-Sharqīyaの言及

【アンチ・レバノン[山脈]】より

…地中海ぞいのレバノン山脈に平行して,陥没高原ベカーをはさんで,その東側を走りシリアとの自然な国境をなす連山。アラビア語でJibāl Lubnān al‐Sharqīya。レバノン山脈よりは低いが地形的には複雑で,中央部で標高平均2250m,幅30kmのテラス状・白亜質石灰岩の岩石砂漠になる。…

※「Jibāl Lubnān al-Sharqīya」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android