コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

採炭機 さいたんきcoal mining machine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

採炭機
さいたんき
coal mining machine

石炭を掘取るための機械の総称。切羽 (きりは) において炭層の穿孔,切断,突きくずし,剥離などを行う機械。従来の手で保持できる小型のものに,オーガドリル,コールピック,コールカッタなどがあり,圧縮空気,電気を動力としている。これらのほかに,長い切羽面で活躍する大型の機械が普及したのが近年の大きな特色である。チェーン式コールカッタに積込み機,コンベヤ設備を組合せて,切削と積込みが同時にできるホーベルやシェアラ (ドラムカッタ) などがあり,採炭形式を一新させている。外国に多い露天掘りにおける採炭機は,土木機械とほとんど異ならない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さいたん‐き【採炭機】

石炭を採掘するのに用いられる機械類。コールカッター・ドラムカッター・コンバイン・ホーベルなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さいたんき【採炭機】

炭鉱の坑内で石炭を採掘するために,炭層を掘削する機械。ドラムカッター,ホーベル,コンティニュアスマイナーなど,いろいろな種類のものが現在使用されている。
[発達の歴史]
 1861年にイギリスの炭鉱で使用されて,世界で初めて成功した採炭機は,アイアンマンiron manと呼ばれ,人間がつるはしを水平に振るう動作をまねて,炭層の下部に水平な溝を作る作業(下透し作業)を行うものであった。このアイアンマンの成功に刺激されて,19世紀末までには,その後長く使用されることになったチェーンカッターchain cutter(ジブカッターjib cutter,コールカッターcoal cutterとも呼ばれる)や,水平面内を回転する円板に刃物をとりつけたディスクカッターdisc cutter,水平軸を有する丸棒に多数の刃物をとりつけたバーカッターbar cutterなどがつぎつぎに発明され,いずれも炭層の下透し作業に用いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

採炭機の関連情報