コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Judd,J.W. JuddJW

世界大百科事典内のJudd,J.W.の言及

【岩石区】より

…この場合に他の地域や時代の火成岩群とは見分けがつくので一つの岩石区という概念で一括して扱う。ジャッドJ.W.Juddが定義した(1886)。一つの岩石区の火成岩のうち,その成因までも関係のありそうなものは,火成岩アソシエーションとよぶ。…

※「Judd,J.W.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Judd,J.W.の関連キーワード複合岩脈岩石区偽成層静変成作用スカポライト化作用白粒岩状組織花崗岩状組織聚斑状組織斑状間粒組織眼斑組織