コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白粒岩状組織 はくりゅうがんじょうそしきgranulitic texture

1件 の用語解説(白粒岩状組織の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

白粒岩状組織

グラニュライト状組織はいろいろな意味に使用されてきた.(1) 変成岩で一般に粒状組織または等粒組織として使われ,ほぼ等粒の他形変晶質の結晶(xenoblast)が組み合った組織[Harker : 1932].白粒岩に発達する組織を指し,白粒岩は石英,長石,石榴石のような粒状の鉱物を主成分としており,粗粒で伸ばされた石英が粗粒の石英,長石と重なり片理を作る.(2) ホルムスは破砕作用で粒状のモザイクとなった組織に用いた[Holmes : 1928].岩石が粒状の破片に破砕されること.フランスは全自形花崗岩状(panidiomorphic-granitic)組織と同義に使用している[Holmes : 1920].(3) ドレライト組織または玄武岩組織で,粒状のオージャイトや橄欖石の粒状結晶が短冊状の長石結晶の網目の間を埋めた組織[Judd : 1886, Rep Comm Brit Petrographic Nomenclature : 1921].(4) 全自形と同義に使用.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone