コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

König Konig

世界大百科事典内のKönigの言及

【王】より

…ビザンティン帝国ではバシレウスbasileusが皇帝の意味で用いられた。(3)古代アイスランド語のkonungr,古代英語のcyning,現代英語のking,現代ドイツ語のKönigなどの語幹kunは,たとえばゴート語kuniからも明らかなように,〈家系〉〈家族〉を意味する。すなわちこの場合,王とは,家系を代表し,その長たる者を意味する。…

【氏族制度】より

… なおアングロ・サクソン語のシブsib,古高ドイツ語のジッパsippa,ゴート語のシブヤsibjaなどの系統の語は,ケルト語系のクランclanの語とならんで,こんにち氏族を意味する術語として用いられているが(英語sib,ドイツ語ジッペSippe),その本来の意味は明確ではない。むしろ,原始インド・ヨーロッパ語の語根ganに由来するサンスクリットのガナスganas,ギリシア語のゲノスgenos,ラテン語のゲンスgensなどと同系統の,ゴート語のクニkuni,古代北ヨーロッパ語やアングロ・サクソン語のキンkyn(英語のキンkin),中高ドイツ語のキュンネkünneなどの中に,ゲルマン人自身が氏族を意味したことばがあって,後日〈国王〉を意味するクニングkuning(ドイツ語ケーニヒKönig)の語は,もと氏族長あるいは部族長を意味したものではないかという。
[アステカとインカ]
 モーガンは,16世紀の初めにスペインの征服者と対決したメキシコのアステカ族の政治機構を,ヨーロッパ人の諸記録にもとづいて検討した結果,歴史家がこれを王国とか帝国とか称するのは,まったく想像上の擬制にすぎず,事実は,アステカの国家なるものは,イロコイ諸族と同様の,氏族―胞族―部族という組織の上に形成された3部族の連合体であったことを,とくに《古代社会》の1章をさいて詳論している。…

※「König」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Königの関連キーワードハンス・ヴェルナー ヘンツェ女王のレースのハンカチーフフラデツ・クラーロベーケーニヒスベルク大聖堂ケーニヒ・アルベルトフラデツクラーロベーウュルテンベルク公国ハノーバー選帝侯国ダゴベルト[1世]カリーニングラードクロスターマンベルリン市庁舎バイエルン公国トゥルナイゼンシュテファン王ケーニヒ通りアンリ四世歴史法学ツワイクエンゲル