コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国立遺伝学研究所 こくりついでんがくけんきゅうじょ

4件 の用語解説(国立遺伝学研究所の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国立遺伝学研究所
こくりついでんがくけんきゅうじょ

ウイルスを含むすべての生物の遺伝を研究する文部科学省所管の国立研究所。 1949年6月1日設立された。静岡県三島市谷田にある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こくりつ‐いでんがくけんきゅうじょ〔‐ヰデンガクケンキウジヨ〕【国立遺伝学研究所】

遺伝学の基礎とその応用に関する総合的研究を行う、大学共同利用機関法人。昭和24年(1949)文部省所轄研究所として設置。昭和59年(1984大学共同利用機関に改組。所在地静岡県三島市。遺伝研。NIG(National Institute of Genetics)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国立遺伝学研究所【こくりついでんがくけんきゅうじょ】

大学共同利用機関法人情報・システム研究機構に所属する四つの研究機関の一つ。染色体上のゲノムに書き込まれた遺伝情報に基づいて複雑なシステムを形成している生命の細胞分化,形成,さらには脳機能や行動といった高次な現象を遺伝学の観点から解き明かすのが目的。
→関連項目総合研究大学院大学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国立遺伝学研究所
こくりついでんがくけんきゅうじょ

遺伝現象のなかに秘められた基本原理を解明しようという構想で設立された文部科学省所轄の研究機関。1949年(昭和24)創立。人間の優生をも含めて生物の形質改良を実現することにより、衣食住を豊かにすることを期待する。形質遺伝、細胞遺伝、発生遺伝、進化遺伝、育種遺伝、変異遺伝、人類遺伝、微生物遺伝、集団遺伝、分子遺伝の10研究部門で構成され、遺伝実験生物保存研究施設をもっている。各研究部の枠を超えて所内研究員が協力するプロジェクト研究も盛んに行われ、窒素固定能をもつイネの研究、放射線の遺伝に及ぼす影響、組換えDNAに関する研究、環境汚染動植物の耐性や種社会に及ぼす遺伝的影響などの諸問題が取り上げられている。遺伝学研究に役だつ生物系統を収集保存することも重要な仕事で、イネ、ムギ、アサガオサクラショウジョウバエカイコネズミ類の動植物や各種微生物が系統保存されている。当研究所の研究員としては、「中立進化説」を提唱した木村資生(もとお)(1924―94)が有名(中立進化説は、ダーウィンの自然選択説とは異なり、生存に有利でも不利でもない中立的な突然変異遺伝子が偶然によって広がり進化が起こりうるという説)。所在地は静岡県三島市谷田1111。[本田一二・田辺 功]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国立遺伝学研究所の関連キーワード遺伝子説応用化学駒井卓細胞遺伝学R and D鎌田仁田島弥太郎別府輝彦松永英山田秀明

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国立遺伝学研究所の関連情報