コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

LD-ROM えるでぃーろむ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

LD-ROM

パイオニアが開発・提唱した大容量デジタル記録メディア。LaserDisk(本来はビデオ映像などのアナログデータ用として開発された)に、デジタルデータ、ビデオデータなどを収録し、コンピューターからの制御信号を受け付けることのできる専用のLDプレイヤーで再生する。美しい映像を再生できるが、出力はビデオ信号に限られる。コンピューターとの連携が難しいのと、LDはメディア自体が大型なため供給や扱いが困難などの理由から、最近ではほとんど使われていない。開発当初は、ユーザーが書き込むことのできるLD-RAMの仕様も存在したが、これも含めて、DVDにとって変わられようとしている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

LD-ROMの関連キーワードレーザーディスクパイオニア

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android