仕様(読み)シヨウ

ASCII.jpデジタル用語辞典「仕様」の解説

仕様

メーカーが製品を開発する際に取り決めた、詳しい設計のこと。スペックともいう。ハードウェアの場合は、形状機能性能、操作方法、使用する部品、採用する規格、価格などを指す。ソフトウェアの場合は、対応するOS、対応する周辺機器、機能、性能、ユーザーインターフェースアルゴリズム、価格などを指す。これらの仕様をまとめて、製品の性質を記したものを仕様書という。製品の仕様の概要は、カタログなどに製品仕様書として掲載されており、ユーザーが製品を購入する際の判断基準になる。また、一般には公開しないが、メーカーは製品を開発する際、詳細な内部仕様書を作成して製品を開発・製造している。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「仕様」の解説

し‐よう ‥ヤウ【仕様】

〙 (「し」は動詞「する」の連用形から。「仕」は当て字。「しょう」と発音されることもある)
物事を行なう方法。行動の手段。
史記抄(1477)一九「たのしうなるに定た業はないぞ。只しやうによるぞ」
滑稽本浮世風呂(1809‐13)三「あのまあ化粧の仕様(シヤウ)を御らんか。目のふちを付てて」

しょう しャウ【仕様】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「仕様」の解説

し‐よう〔‐ヤウ〕【仕様】

《「し」は動詞「す」の連用形》
物事をする方法。しかた。やりかた。「まだほかに仕様があるだろう」
機械類や建築物などの構造や内容。「仕様の一部を変更する」
[類語]仕方方法り方仕振りよう方式流儀り口でん致し方手段手口メソッド方途機軸定石てだて方便術計

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android