コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仕様 シヨウ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

仕様

メーカーが製品を開発する際に取り決めた、詳しい設計のこと。スペックともいう。ハードウェアの場合は、形状、機能、性能、操作方法、使用する部品、採用する規格、価格などを指す。ソフトウェアの場合は、対応するOS、対応する周辺機器、機能、性能、ユーザーインターフェースアルゴリズム、価格などを指す。これらの仕様をまとめて、製品の性質を記したものを仕様書という。製品の仕様の概要は、カタログなどに製品仕様書として掲載されており、ユーザーが製品を購入する際の判断基準になる。また、一般には公開しないが、メーカーは製品を開発する際、詳細な内部仕様書を作成して製品を開発・製造している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

し‐よう〔‐ヤウ〕【仕様】

《「し」は動詞「す」の連用形
物事をする方法。しかた。やりかた。「まだほかに仕様があるだろう」
機械類や建築物などの構造や内容。「仕様の一部を変更する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

しよう【仕様】

コンピューターや周辺機器、ソフトウェアなどの設計の詳細。規格・性能・機能・搭載部品など。◇「スペック」ともいう。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しよう【仕様】

〔「し」は動詞「する」の連用形から。「仕」は当て字〕
やりかた。方法・手段。 「返事の-が気に入らない」
仕様書 」に同じ。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仕様の関連情報