LTE-Advanced(読み)えるてぃーいーあどばんすと

知恵蔵miniの解説

LTE-Advanced

第4世代(4G)携帯電話における高速データ通信規格の一つ。2012年1月、国際電気通信連合(ITU)が定める次世代モバイル通信規格IMT-AdvancedにWiMAX 2と共に承認された。LTE(Long Term Evolution)の技術を高度化(Advanced)したもので、通信速度が下り最大1Gbps以上、上り500Mbps以上と、光ファイバー並みの超高速通信が可能になる。通信各社が開発を続けており、15年頃の実用化が見込まれている。

(2013-6-4)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

IT用語がわかる辞典の解説

エルティーイーアドバンスト【LTE-Advanced】

2012年にITU(国際電気通信連合)が勧告した、第4世代携帯電話の国際標準規格のひとつ。第3.9世代(3.9G)とも呼ばれるLTEを発展させた無線通信方式。理論上の最高通信速度は、下り基地局から端末)が1Gbps以上、上り(端末から基地局)が500Mbps以上に達するという。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android