下り(読み)クダリ

デジタル大辞泉「下り」の解説

くだり【下り/降り】

上から下へ、高いところから低いところへ移動すること。また、その道や流れ。「急な―が続く」「川―」⇔上(のぼ)り
鉄道の路線や道路で、各線区ごとの起点から終点への方向。また、その方向に走る列車・バス。⇔上(のぼ)り
都から地方へ行くこと。「東(あずま)―」「海道―」⇔上(のぼ)り
(土地の名に付けて接尾語的に用いて)遠く隔った場所の意を表す。くんだり。
「わざわざ鎌倉―まで出掛けて」〈漱石・彼岸過迄〉
時間が移ってある刻限の終わり近くになること。また、その時。
「申(さる)の―になり候ひにたり」〈宇治拾遺・一一〉
《北に内裏があったところから》京都内で北から南に行くこと。⇔上(のぼ)り
「大宮を―に二条を東へざざめいて引きければ」〈平治・中〉
電気通信網における、中心から末端に向かう方向。無線・有線通信の基地局から端末、インターネット上でのプロバイダーから利用者のパソコン、通信衛星から通信機など、各通信網の末端方向を下りと見なす。下り方向の回線または通信経路をダウンリンクという。⇔上り
[下接語]東(あずま)下り天(あま)下り御(お)下りオランダ下り海道下り川下り京下り上り下り腹下り

くんだり【下り】

[接尾]《「くだ(下)り」の撥音添加》地名などに付いて、中心地からみて遠く隔たった意を表す。「こんな田舎下りまで来てしまった」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「下り」の解説

下り【くだり】

日本海沿岸,特に北陸以北で呼ばれる南系統の風の名。京都)より下るのに好都合な夏の季節風を意味する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の下りの言及

【風】より

…雁が渡って行く初秋(9~10月)に吹く北風。 下り(くだり)日本海沿岸,特に北陸地方以北でいわれる南寄りの風。都(京都)より下るのに好都合な夏の季節風を意味する。…

※「下り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android