コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下り/降り クダリ

4件 の用語解説(下り/降りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くだり【下り/降り】

上から下へ、高いところから低いところへ移動すること。また、その道や流れ。「急な―が続く」「川―」⇔上(のぼ)り
鉄道の路線や道路で、各線区ごとの起点から終点への方向。また、その方向に走る列車・バス。⇔上(のぼ)り
都から地方へ行くこと。「東(あずま)―」「海道―」⇔上(のぼ)り
(土地の名に付けて接尾語的に用いて)遠く隔った場所の意を表す。くんだり。
「わざわざ鎌倉―まで出掛けて」〈漱石・彼岸過迄〉
時間が移ってある刻限の終わり近くになること。また、その時。
「申(さる)の―になり候ひにたり」〈宇治拾遺・一一〉
《北に内裏があったところから》京都内で北から南に行くこと。⇔上(のぼ)り
「大宮を―に二条を東へざざめいて引きければ」〈平治・中〉
電気通信網における、中心から末端に向かう方向。無線・有線通信の基地局から端末、インターネット上でのプロバイダーから利用者のパソコン通信衛星から通信機など、各通信網の末端方向を下りと見なす。下り方向の回線または通信経路をダウンリンクという。⇔上り
[下接語]東(あずま)下り天(あま)下り御(お)下りオランダ下り海道下り川下り京下り上り下り腹下り

くんだり【下り】

[接尾]《「くだ(下)り」の撥音添加》地名などに付いて、中心地からみて遠く隔たった意を表す。「こんな田舎下りまで来てしまった」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

下り【くだり】

日本海沿岸,特に北陸以北で呼ばれる南系統の風の名。都(京都)より下るのに好都合な夏の季節風を意味する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

IT用語がわかる辞典の解説

くだり【下り】

インターネットの通信速度をいうときに、自分の端末にインターネット上のサイトからデータを受信する方向をいう。◇ダウンロードの方向。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の下り/降りの言及

【風】より

…雁が渡って行く初秋(9~10月)に吹く北風。 下り(くだり)日本海沿岸,特に北陸地方以北でいわれる南寄りの風。都(京都)より下るのに好都合な夏の季節風を意味する。…

※「下り/降り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

下り/降りの関連キーワード葦垣のいいとこ取り糸底唐糸西島野老葛ところに蜷の腸紫のフジナイトコリナイト炭

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone