端末(読み)タンマツ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ネットワーク経由でホストコンピューターと接続し、データ入出力などを操作するための装置ネットワークにつながったコンピューターのうち、主に利用者側が使う機器を指す。携帯電話の電話機、データ通信カードなども端末のひとつ。以前は、銀行のATM機器のように単体ではコンピューターとして使えない装置を端末と呼んだ。ホスト/端末型のシステムはサーバークライアント処理を分担するクライアント/サーバー型に取って代わられたが、Webの技術を使ったWebアプリケーションでは、Webブラウザーがほぼ端末の役割になっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

より大きなコンピュータと通信を行い、データのやり取りを行うための装置のことです。インターネットに接続中のパソコンも「端末」の役目を果たしています。銀行の現金自動預け払い機やコンビニPOSレジ、携帯電話なども端末の一種です。

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

➀コンピューターを操作するための入出力に特化した機器やソフトウェアの総称。元はメインフレームなどの大型コンピューターに接続して操作を行う、キーボードディスプレーを備えた装置を意味した。◇「端末装置」「端末機器」「ターミナル」ともいう。
➁「通信端末」の略。⇒通信端末

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 発端と結末。はじめとおわり。また、はし。すえ。おわり。たんばつ。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※絅斎先生敬斎箴講義(17C末‐18C初)「時の始終、事の端末からひろがると云ことじゃに因て」 〔韓非子‐南面〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

端末の関連情報