コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際電気通信連合 こくさいでんきつうしんれんごう International Telecommunication Union; ITU

7件 の用語解説(国際電気通信連合の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際電気通信連合
こくさいでんきつうしんれんごう
International Telecommunication Union; ITU

電気通信業務に関し,国際的な管理責任をもつ機関。1865年に国際電信連合として設立され,1932年のマドリード万国無線電信会議のとき現在の名称に変更した。国際法上の法人組織で,1947年からは国連専門機関

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こくさい‐でんきつうしんれんごう〔‐デンキツウシンレンガフ〕【国際電気通信連合】

アイ‐ティー‐ユー(ITU)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国際電気通信連合【こくさいでんきつうしんれんごう】

国際電気通信条約に基づき,電気通信の改善と合理的利用,および国際協力を図ることを目的とする。International Telecommunication Union,略称ITU
→関連項目ISDN国際行政連合3G

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

IT用語がわかる辞典の解説

こくさいでんきつうしんれんごう【国際電気通信連合】

ITU

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こくさいでんきつうしんれんごう【国際電気通信連合 International Telecommunication Union】

電気通信に関する国際連合専門機関で,その活動は国際電気通信連合憲章・条約に基づく。略称ITU。1865年に設立された万国電信連合と1908年に設立された国際無線電信連合が統合し,1947年に発足。97年9月現在188ヵ国が加盟し,本部はジュネーブにある。連合の最高意思決定機関は全権委員会議で,その下に46ヵ国で構成される理事会がある。また常設機関として,事務総局,無線通信局(無線通信部門),電気通信標準化局(電気通信標準化部門),電気通信開発局(電気通信開発部門)が設置されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こくさいでんきつうしんれんごう【国際電気通信連合】

国際間の電気通信の改善・合理化を目的とする国際機関。本部はジュネーブ。1932年設立。47年以降国際連合の専門機関。 ITU 。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際電気通信連合
こくさいでんきつうしんれんごう
International Telecommunication Union

略称ITU。電気通信分野での国連専門機関の一つ。本部はジュネーブ。加盟国数は193か国(2012)。通信の設備と運用の標準化、無線通信業務別の周波数割当衛星軌道割当、通信の世界的拡充の計画と調整が任務。現存の国際組織のなかでもっとも古く、1865年、ヨーロッパの20か国が設立した国際電信連合(万国電信連合。日本は1879年加盟)を起源とし、その後の国際無線電信連合を合体して、マドリード国際電気通信条約(1932年作成、1934年発効。日本は原加盟国)により今日のITUの形となった。第二次世界大戦後、アトランティック・シティ条約(1947年作成)および国連との協定で国連の専門機関となり、その後(1953、1959、1965、1973、1982)従前の条約を全面改訂した。このように全権委員会議のたびに新条約を採択することで、連合の法的一体性と安定性が問題となったため、ITUは、国際電気通信連合憲章と国際電気通信連合条約に二分化する改正を行った(1992年ジュネーブ会議で採択。以後、1994年、1998年、2002年、2006年に一部改正)。内部組織は複雑で、改正後は最高機関としての全権委員会議のほか、世界国際電気通信会議(国際電気通信規則の改正。開催不定期)、理事会(各地域選出、2011年時点で48か国)、事務総局に加えて、無線通信部門(ITU-R)、電気通信標準化部門(ITU-T)、電気通信開発部門(ITU-D)の3部門に分かれた各諸機関から構成される。ITUの任務は本来、技術規則作成を中心とする規制機能であるが、通信資源(周波数静止衛星等の軌道)の合理的、公平、効果的かつ経済的な使用のための配分のほか、発展途上国への技術・経済援助等の機能をも果たすに至っている。[山本草二・森田章夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の国際電気通信連合の言及

【国際通信】より

…国際通信が円滑に行われるためには,技術上および通信取扱上の各種の国際的取決めが必要である。国際的取決めには,国際電気通信連合(ITU),国際電気通信衛星機構(INTELSAT(インテルサツト))などの国際機関の条約,協定,規則,勧告,運用協定および2国間または多国間の協定などがある。日本の国際通信は法律に基づいて設立された国際電信電話(KDD)が,1953年以来,業務提供を行っていたが,1985年の電気通信事業法の制定により新規参入が認められた結果,88年より日本国際通信株式会社(ITJ)および国際ディジタル通信株式会社(IDC)も国際通信業務を提供することとなった。…

【電子情報の国際標準】より

…電子情報の分野でいうと,国際標準を定めるための機関としてISO(国際標準化機構)が組織されていて,各国の国家標準機関がその構成員となっている。情報通信の分野では,国際連合の下にITU(国際電気通信連合)が組織されている。 ISOなどの国際標準機関で国際標準を制定するには,かなりの時間を要する。…

※「国際電気通信連合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国際電気通信連合の関連キーワードITU国際公務員UPU世界銀行グループ電気通信大学ICTランキング国際連合専門機関WARC国際食品科学・工学連合国際電気通信連合憲章・条約

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国際電気通信連合の関連情報